ヒアルロン酸という成分は、かつては医薬品開発のために研究されました

ヒアルロン酸は化粧品の成分としてテレビや雑誌でよくその名前を見かける物質です

スポンサードリンク

ヒアルロン酸が始めて成分として認識されたのはけっこう古い話で第二次大戦以前の1934年です。牛の目から分離されました。それからその役割が研究されるまでにはだいぶブランクはあります。日本の生化学工業というところが現在では世界のトップランナーです。


ヒアルロン酸は化粧品の成分としてテレビや雑誌でよくその名前を見かける物質ですが、具体的にどんなものなのかご存知ですか?
ややこしいと言うか教科書的な言い方をすると、ヒアルロン酸は私たちの結合組織中に多く含まれる生体高分子の一種です。
ヒアルロン酸は糖の一種(多糖類)で、身体の中にあって、役に立っています。この方がわかりやすいですね。(笑) 場所によって多い少ないがあります。
いろんな脊椎動物の身体の部位でヒアルロン酸がたくさん含まれているのはたとえば鶏のとさか、人間の皮膚、関節液、眼球の硝子体と呼ばれる成分の中などです。弾性高そうな場所ですね。
実は、ヒアルロン酸が始めて成分として認識されたのはけっこう古い話なのです。驚くことに第二次大戦以前の1934年に、アメリカで牛の目から分離されました。それからその役割が研究されるまでにはだいぶブランクはあります。
ヒアルロン酸とは何度言い直してみても私にはどうにも舌の回りにくい名前ですが、眼球の硝子体をヒアロイド、多糖類の構造単位をウロン酸と呼ぶことから、合体させて作られました。
ヒアルロン酸が含まれるアンチエイジング化粧品はほんとに種類も数も増えてきました。健康食品や美容食品、医薬部外品の添加物としてもヒアルロン酸とアンチエイジングは切り離せないキーワードです。
赤ちゃんの肌がみずみずしく、はりがあるのはヒアルロン酸を多く含んでいるからで、その機能をいただこうと言うわけです。
ヒアルロン酸を皮膚に塗ることでどれほどの効果があるかはいろいろ意見はありますが、そういうことで、アンチエイジングの化粧品の主成分のようになっているのがヒアルロン酸なわけです。
ヒアルロン酸は医療用としてもさまざまな活躍を見せています。化粧品でのアンチエイジングだけではありません。
関節液の補填、眼科手術のときの補助、点眼剤への配合など、ぷるぷるぬらぬらのあの性質が利用されるのです。意外なところで、癒着防止剤としてさまざまな手術で幅広く使われています。
さて、医療応用で最も人気が高い分野は、実は美容整形です。やはりアンチエイジングのヒアルロン酸皮下注入ですね。塗るより注入した方が早い。ごもっともです。

★⇒ヒアルロン酸の事なら楽天で・・・コチラです。★


運動会のお弁当

株主優待サービスとは・・・

行ってみたい紅葉スポット

それじゃピンとこないでしょうから平たく言うと、私たちのからだの中のさまざまなところに存在している糖でできた物質ということです。しかし、その濃度は部位によって異なります。


ヒアルロン酸は化粧品の成分としてテレビや雑誌でよくその名前を見かける物質ですが、具体的にどんなものなのかご存知ですか?
ヒアルロン酸は複合糖質からなる生体高分子で、細胞間に存在してさまざまな機能を発揮している。こう聞いてもわかりませんよね(^^;)。
わかりにくいので直感的に言いなおすと(笑)、ヒアルロン酸は身体の中のあちこちで活躍している多糖類の一種だというわけです。多く含まれる場所もわかっています。
人間の身体で言うと特に濃度が高いのは、へその緒(臍帯)、関節液、目の硝子体、皮膚(若いほど多い)などです。ヒアルロン酸は鶏のとさか(鶏冠)にも非常に多く含まれています。

ヒアルロン酸の名前はまさしく最初にそれを取り出した眼球から来ています。Hyaloidは硝子体で、Uronic acid(ウロン酸)は多糖体の構造単位です。
ヒアルロン酸は、現在では、店頭やネットショップに並んでいるさまざまな健康食品や美容食品、化粧品、医薬部外品の添加物として、使用されています。なかでも、その機能を生かしたアンチエイジング商品で有名です。
ヒアルロン酸でアンチエイジングという発想は、赤ちゃんの皮膚に多く含まれ、加齢とともに皮膚から減っていく成分の代表格がヒアルロン酸だから、それを補ってやれば、というわけです。
というわけで、保水力に優れる生体高分子であるヒアルロン酸は、皮膚の潤いを保つ目的の化粧品になら何でも、化粧水、スキンクリーム、入浴剤などに配合されているのですね。しわができないぷるぷるでつやつやの素肌と言うわけです。
化粧品でのアンチエイジングばかりが目立つヒアルロン酸ですが、実はそれ以外の分野でも、特に医療応用で大変役に立っているのです。
純度の高い高価なヒアルロン酸が関節機能改善剤、眼科手術補助剤、点眼剤などに使用されています。癒着防止剤、創傷治癒剤などとしても応用されています。
さて、大活躍のヒアルロン酸の医療応用で最も人気が高い分野は、実は美容整形です。やはりアンチエイジングのヒアルロン酸皮下注入ですね。塗るより注入した方が早い。ごもっともです。

★⇒ヒアルロン酸の事なら楽天で・・・コチラです。★


ソフトダーツの楽しみ方

つけまつげを始めて付ける人のために・・・

メラトニンとは・・・

ヒアルロン酸研究の歴史は古く、70年以上前にアメリカで牛の眼球の硝子体から分離されています。



ヒアルロン酸は化粧品の成分としてテレビや雑誌でよくその名前を見かける物質ですが、具体的にどんなものなのかご存知ですか?
教科書的な言い方をするとですね、ヒアルロン酸は私たちの結合組織中に多く含まれる生体高分子の一種、ということになるのです。
すみません、簡単に言い直しますと、ヒアルロン酸は身体のあちこちで大事な仕事をしている糖質の一種と言うことです。あちこちといっても多い少ないは部位で決まります。
ヒアルロン酸が多い部位は、人間で言えば関節、眼球、皮膚、そして赤ちゃんのへその緒などです。プルプルした弾力が求められる場所です。鶏のとさかにも多いそうで、うなずけますね。
実は、ヒアルロン酸が始めて成分として認識されたのはけっこう古い話なのです。驚くことに第二次大戦以前の1934年に、アメリカで牛の目から分離されました。それからその役割が研究されるまでにはだいぶブランクはあります。
さらに難しいことを言いますと(笑)、ギリシャ語のHyaloid(硝子体)、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)より、Hyaluronic acid(ヒアルロン酸)と命名されました。その後、1986年には多糖体の国際命名法により「Hyaluronan(ヒアルロナン)」という言葉が導入されています。
アンチエイジングの化粧品の成分表を見ると、最近ではヒアルロン酸がことごとく含まれています。健康食品、医薬部外品の添加物としても良く含まれています。
赤ちゃんの肌がみずみずしく、はりがあるのはヒアルロン酸を多く含んでいるからで、その機能をいただこうと言うわけです。
そういう理由で生体高分子ヒアルロン酸は皮膚の保湿や弾力性を補うアンチエイジングには最適の化粧品の成分としてもてはやされているわけです。
ヒアルロン酸は美容以外にも、実はしっかり医療の現場でもその保湿力や弾力の特性を利用して使われています。
その弾性と保湿力、さらに生体高分子であると言う特性を利用して、幅広く使われているのは癒着防止剤や創傷治癒剤です。また、関節液の改善や、眼科手術の補助剤としても有名です。

★⇒ヒアルロン酸の事なら楽天で・・・コチラです。★


海水浴場のオアシス 海の家 パート2

pmsとは・・・

クラークスの靴

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。